糖尿病保険のエクセルエイド糖尿病保険のパイオニア

amazonpay

【特別連載】1型糖尿病を振り返る(5)

Pocket

(1)はこちら
(2)はこちら
(3)はこちら
(4)はこちら

4回目までで発病~退院後1年間までを振り返りましたが、
最終回はだいぶ話が飛んでここ最近のお話。

 就業について


1型糖尿病で仕事をする・探すというのは、
当然ながら多少なりともハードルが高くなる。

まず自分自身の中での問題として、
食事や注射の制限がある中でやっていけるのか
という不安が生まれるし、
実際問題としてやっていくのが難しいしごともある(と私は思う)。

さらに、
明確な差別があるかどうかは(きいたところでハイとは言ってくれないので)不明だが、
全く同じ条件の人間が二人いて、一人は健康、もう一人は
・よくわからないけど病気持ちらしい
・月に一回通院が必要らしい
・発作を起こして意識を失う可能性があるらしい
・食事の時間とかに気を配らないといけないらしい
といった条件がつくなら選ばれるのは前者であろう。

この体内的・対外的両方の問題から糖尿病患者が就業するのは、一般の方が想像している以上に厳しい現実がある。


 しごとについて

第一回目の冒頭に記載したが、私は今年の6月に糖尿病保険を扱うこの会社に入社した。

糖尿病と深い関係のある会社だけあって、この会社では「糖尿病であること」が有利にはたらき、糖尿病であっても不利になることはない(と思う)。

そして、
糖尿病とかかわるしごとに就くことで、
「自分が糖尿病だからこそ糖尿病とかかわりのある仕事をしている人」が多くいることに気づかされた。

そのような人たちは皆、自分が糖尿病であることを受け入れ、
その上で活き活きと暮らし、働いているように見える。

なので、もし今、
仕事について悩んでいる、
将来の進路に悩んでいる
糖尿病患者の方(特に学生)がいたら、
ぜひとも「糖尿病とかかわるしごと」を選択肢に加えていただきたい。

・医師や看護師、薬剤師などの医療関係者
・栄養士
・インスリンを製造している製薬メーカー
・糖尿病保険の会社
などなど

探してみるときっと他にも色々あるだろう。

全ての糖尿病患者の方が、自分らしく働ける場所を見つけられる社会に。
そんなことを想いながら、私は今、糖尿病保険の会社で働いています。


<完>


ちなみに、
当社の求人情報はコチラに掲載されております。
糖尿病保険の会社で働いてみたいとお考えの糖尿病患者の方はこの機会にご応募ください。









▽こちらのフォローもよろしくお願いします▽
Twitter
Instagram


shiryouha02

お見積りはこちらから

WEBフォーム
WEB申込キャンペーンはこちらから!
WEB資料請求キャンペーンはこちらから!
マイページログインはこちら
1型糖尿病の子共のための法律相談ダイヤル
よくあるご質問
保険金・給付金の請求
求人情報
ご不明な点、ご質問等ございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。 0120-307-133 平日9時から18時まで 土日祝日年末年始除く WEBフォーム
お申し込みは、インターネットだけで完結! カンタンな告知をご入力いただくだけ。 ご契約の流れ
ページの先頭へ戻る