糖尿病保険のエクセルエイド糖尿病保険のパイオニア


「未分類 」 に関する記事一覧

30代で入院するといくらかかるの?

2017.12.19 火曜日

20代入院悩み


「30代で仕事も私生活もまだまだこれからだけど、医療費の助成もない。
 もし入院・手術があった時に家計が不安だ」


そんな風に考えて医療保険を検討される際におすすめなのが、
「エクセルエイドの普通保険」です。

実際に、30代で病気やケガをすると医療費はどれくらいになるかご存じですか?

【ケース1】足を骨折し、手術・22日間入院した場合
足の骨折で手術・22日間入院した場合、保険適用となる医療費の総額は1,676,830円と言われています。

【足の骨折で22日間入院】した場合の
保険適用となる医療費の内枠
項目 金額
初診料 2,820円
医学管理料 59,490円
投薬料 5,280円
注射料 12,580円
処置料 37,690円
手術料 693,360円
麻酔料 101,640円
検査料 6,400円
画像診断料 50,140円
リハビリテーション料 153,600円
入院料 553,830円
合計 1,676,830円
(出典:公益財団法人生命保険文化センター「医療保障ガイド」2016年9月改訂版)

合計金額の1,676,830円に社会保険が適用されるので、
自己負担が3割負担だった場合の自己負担額は503,049円です。

1世帯の1ヵ月の医療費が80,100円を超える場合
健康保険の高額療養費制度が適用となります。
(※健康保険加入者が月収28~50万円(給料等が27万円以上51.5万円未満)基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下の場合)

健康保険の加入者本人が月収28~50万円、
基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下であった場合、
自己負担限度額の計算式は下記の式となります。
80,100円+(医療費-267,000円)×1%

上記の式を使うと、この場合の高度療養費制度適用後の自己負担額は
80,100円+(1,676,830円-267,000円)×1%=約94,198円
高額療養費制度の適用となることで自己負担額は約94,198円となります。

ただし、保険適用とならない費用として、入院時食事代、見舞時の家族の交通費や食費、差額ベッド代、その他諸雑費などがあります。

◆入院時食事代
公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例によると、
1食あたりの食事代相場は360円です。22日間の入院中57食とった場合(入院中に食事なしのときがあったとする)
入院時食事代は360円×57食=20,520円となります。

◆見舞時の家族の交通費や食費
前出の公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例では、
見舞時の家族の交通費や食費が40,500円

◆その他諸雑費
入院中の衣類や快気祝いなどの費用は41,000円と紹介されています。

この場合、自己負担額は合計約94,198円20,520円40,500円41,000円約196,218円となり、
一度の入院により家計に大きな負担がかかってしまうことがわかります。

「こんな大金一度に支払えない……
 もし入院なんてことになったらどうしたらいいの?」


そんな時、「エクセルエイドの普通保険」に加入していれば、
入院日額5,000円、入院中の手術一回につき50,000円を保障します。

【骨折で22日間入院+手術】の場合の「エクセルエイドの普通保険」給付例

 入院(1日5,000円)×22日:110,000円
 入院中の手術×1回:50,000円
 給付金合計:160,000円



【ケース2】急性虫垂炎(盲腸)で手術・7日間入院した場合
急性虫垂炎(盲腸)で手術・7日間入院した場合、保険適用となる医療費の総額は539,810円と言われています。

【急性虫垂炎(盲腸)で7日間入院、「腹腔鏡下虫垂切除術」で手術】した場合の
保険適用となる医療費の内枠
項目 金額
初診料 2,820円
医学管理料 51,230円
投薬料 1,850円
注射料 9,300円
処置料 1,950円
手術料 155,500円
麻酔料 15,400円
検査料 17,020円
画像診断料 37,970円
入院料 246,770円
合計 539,810円
(出典:公益財団法人生命保険文化センター「医療保障ガイド」2016年9月改訂版)

合計金額の539,810円に社会保険が適用されるので、
自己負担が3割負担だった場合の自己負担額は161,943円です。

1世帯の1ヵ月の医療費が80,100円を超える場合
健康保険の高額療養費制度が適用となります。
(※健康保険加入者が月収28~50万円(給料等が27万円以上51.5万円未満)基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下の場合)

健康保険の加入者本人が月収28~50万円、
基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下であった場合、
高度療養費制度適用後の自己負担額は
80,100円+(539,810円-267,000円)×1%=約82,828円
高額療養費制度の適用となることで自己負担額は約82,828円となります。

ただし、保険適用とならない費用として、入院時食事代、見舞時の家族の交通費や食費、差額ベッド代、その他諸雑費などがあります。

◆入院時食事代
公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例によると、
1食あたりの食事代相場は360円です。7日間の入院中15食とった場合(入院中に食事なしのときがあったとする)
入院時食事代は360円×15食=5,400円となります。

◆見舞時の家族の交通費や食費
前出の公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例では、
見舞時の家族の交通費や食費が9,000円

◆その他諸雑費
入院中の衣類や快気祝いなどの費用は25,000円と紹介されています。

この場合、自己負担額は合計約82,828円5,400円9,000円25,000円約122,228円となり、
一度の入院により家計に大きな負担がかかってしまうことがわかります。

「こんな大金一度に支払えない……
 もし入院なんてことになったらどうしたらいいの?」


そんな時、「エクセルエイドの普通保険」に加入していれば、
入院日額5,000円、入院中の手術一回につき50,000円を保障します。

【急性虫垂炎で7日間入院+手術】の場合の「エクセルエイドの普通保険」給付例

 入院(1日5,000円)×7日:35,000円
 入院中の手術×1回:50,000円
 給付金合計:85,000円


事前に医療保険に加入することで
家計への負担を大きく減らすことが可能です。


さらにエクセルエイドの保険は1年ごとの更新型。
年齢に応じたお手軽な保険料で入院・手術に備えられます。
また、満期までの期間などを気にすることなく、いつでも保険の見直しが可能です。

「エクセルエイドの普通保険」30~39歳 月払保険料
  
年齢 男性 女性
30歳 1,348円 1,175円
31歳 1,369円 1,212円
32歳 1,396円 1,249円
33歳 1,444円 1,279円
34歳 1,493円 1,309円
35歳 1,544円 1,344円
36歳 1,595円 1,378円
37歳 1,648円 1,407円
38歳 1,675円 1,441円
39歳 1,701円 1,469円

手厚い保障を求める方には通院保障付きプラン
万一のことを考えての死亡保障の商品もご用意があります。

賢く保険を選ぶなら、エクセルエイドの保険をおすすめします!

お見積りはこちらから

shiryouha02

ご質問などございましたらご遠慮なく
0120-307-133(平日10時 -17時)
にお問合わせください!

子供がかかりやすい病気って?

2017.12.19 火曜日

子供_入院

抵抗力のないお子様は大人と比べ、病気にかかりやすいものです。

特にまだ言葉の話せない小さなお子様は、自分で症状を伝えることが出来ません。
親御さんがお子様の変化にいち早く気づき、早急に対応する必要がありますね。

大人にとってはちょっとした病気でも、お子様は症状を拗らせてしまいがちです。
「熱が続くなぁ」と思っているうちに肺炎や脳炎、髄膜炎を引き起こし、
入院に至ってしまうこともあります。

「まだ小さな子どもだし、医療保険は不要」

そう考えていらっしゃる方もいるかもしれません。
しかし、前述のような肺炎や脳炎、髄膜炎といった
病気を引き起こして入院が長引いた場合、
保険に加入していれば金銭的な不安が軽減され、
お子様の看病に専念することができます。

一例として、お子様のかかりやすい病気と、それらの病気で入院した場合に、
当社の保険に加入していれば受け取れる保険給付の例を紹介いたします。

インフルエンザで10日間入院
【給付金額】入院日額5,000円×10日=50,000円


※感染力が強く、流行しやすいインフルエンザ。
 年齢に関わらず注意が必要な病気の一つです。

おたふく風邪で4日間入院
【給付金額】入院日額5,000円×4日=20,000円


※潜伏期間が長く、初期には症状が出ない場合もある為、
 気づいたら合併症を引き起こしていたということも。
 注意が必要です。

ヘルバンギーナで3日間入院
【給付金額】入院日額5,000円×3日=15,000円


※ヘルバンギーナとは、子供がかかりやすい夏風邪です。
 症状は重く、夏なので脱水症状にならないよう注意が必要です。

とびひで13日間入院
【給付金額】入院日額5,000円×13日=65,000円


※ウイルス性の皮膚病の一つです。
 早くに抗生物質の服薬をやめてしまうと再発することもある為、
 注意が必要です。

もちろん病気にならず、健康に過ごせれば一番です。
ですが、もしもの場合を考え備えておくことで、
非常時の安心を得ることができます。

高校生から医療費負担が増える?

2017.12.19 火曜日

高校生からの保険を検討されている方へ
糖尿病の治療に適用される小児慢性特定疾病の医療費助成制度は、17歳まで適用されますが、
病気やケガ全般に対する子どもの医療費助成制度は、多くの自治体で中学生までとなっています。
そのため、高校生になってから病気やケガによる入院・手術をした場合、 これまでより医療費負担が大きくなります。

自治体別子どもの医療費助成制度(一部抜粋)

自治体 終了時期 所得制限 自己負担
東京都新宿区 中学卒まで  なし なし
東京都渋谷区 中学卒まで  なし なし
埼玉県さいたま市  中学卒まで なし なし
神奈川県横浜市 中学卒まで 年齢により異なる  年齢により異なる 
千葉県千葉市 中学卒まで なし 年齢・所得により異なる 
(2017年1月調べ)

「中学までは自己負担のなかった医療費についても、
 今後は考えないといけない…
 高校生になって大学進学や塾通いもあるし、
 もし入院・手術があった時に家計が不安だわ」


そんな風に考えて医療保険を検討される際におすすめなのが、
糖尿病を発症していても入れる「エクセルエイドの糖尿病保険」です。

実際に、高校生で病気やケガをすると医療費はどれくらいになるかご存じですか?

【ケース1】足を骨折し、手術・22日間入院した場合
足の骨折で手術・22日間入院した場合、保険適用となる医療費の総額は1,676,830円と言われています。

【足の骨折で22日間入院】した場合の
保険適用となる医療費の内枠
項目 金額
初診料 2,820円
医学管理料 59,490円
投薬料 5,280円
注射料 12,580円
処置料 37,690円
手術料 693,360円
麻酔料 101,640円
検査料 6,400円
画像診断料 50,140円
リハビリテーション料 153,600円
入院料 553,830円
合計 1,676,830円
(出典:公益財団法人生命保険文化センター「医療保障ガイド」2016年9月改訂版)

合計金額の1,676,830円に社会保険が適用されるので、
自己負担割合が3割の場合、自己負担額は503,049円です。

1世帯の1ヵ月の医療費が80,100円を超える場合
健康保険の高額療養費制度が適用となります。
(※健康保険加入者が月収28~50万円(給料等が27万円以上51.5万円未満)基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下の場合)

健康保険の加入者本人が月収28~50万円、
基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下であった場合、
自己負担限度額の計算式は下記の式となります。
80,100円+(医療費-267,000円)×1%

上記の式を使うと、この場合の高度療養費制度適用後の自己負担額は
80,100円+(1,676,830円-267,000円)×1%=約94,198円となります。

ただし、保険適用とならない費用として、入院時食事代、見舞時の家族の交通費や食費、差額ベッド代、その他諸雑費などがあります。

◆入院時食事代
公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例によると、
1食あたりの食事代相場は360円です。22日間の入院中57食とった場合(入院中に食事なしのときがあったとする)
入院時食事代は360円×57食=20,520円となります。

◆見舞時の家族の交通費や食費
前出の公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例では、
見舞時の家族の交通費や食費が40,500円

◆その他諸雑費
入院中の衣類や快気祝いなどの費用は41,000円と紹介されています。

この場合、自己負担額は合計約94,198円20,520円40,500円41,000円約196,218円となり、
一度の入院により家計に大きな負担がかかってしまうことがわかります。

「こんな大金一度に支払えない……
 もし入院なんてことになったらどうしたらいいの?」


そんな時、「エクセルエイドの糖尿病保険」に加入していれば、
入院日額5,000円、入院中の手術一回につき50,000円を保障します。

【骨折で22日間入院+手術】の場合の給付例

入院(1日5,000円)×22日:110,000円
入院中の手術×1回:50,000円
給付金合計:160,000円



【ケース2】急性虫垂炎(盲腸)で手術・7日間入院した場合
急性虫垂炎(盲腸)で手術・7日間入院した場合、保険適用となる医療費の総額は539,810円と言われています。

【急性虫垂炎(盲腸)で7日間入院、「腹腔鏡下虫垂切除術」で手術】した場合の
保険適用となる医療費の内枠
項目 金額
初診料 2,820円
医学管理料 51,230円
投薬料 1,850円
注射料 9,300円
処置料 1,950円
手術料 155,500円
麻酔料 15,400円
検査料 17,020円
画像診断料 37,970円
入院料 246,770円
合計 539,810円
(出典:公益財団法人生命保険文化センター「医療保障ガイド」2016年9月改訂版)

合計金額の539,810円に社会保険が適用されるので、
自己負担割合が3割の場合、自己負担額は161,943円です。

1世帯の1ヵ月の医療費が80,100円を超える場合
健康保険の高額療養費制度が適用となります。
(※健康保険加入者が月収28~50万円(給料等が27万円以上51.5万円未満)基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下の場合)

健康保険の加入者本人が月収28~50万円、
基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下であった場合、
高度療養費制度適用後の自己負担額は
80,100円+(539,810円-267,000円)×1%=約82,828円
高額療養費制度の適用となることで自己負担額は約82,828円となります。

ただし、保険適用とならない費用として、入院時食事代、見舞時の家族の交通費や食費、差額ベッド代、その他諸雑費などがあります。

◆入院時食事代
公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例によると、
1食あたりの食事代相場は360円です。7日間の入院中15食とった場合(入院中に食事なしのときがあったとする)
入院時食事代は360円×15食=5,400円となります。

◆見舞時の家族の交通費や食費
前出の公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例では、
見舞時の家族の交通費や食費が9,000円

◆その他諸雑費
入院中の衣類や快気祝いなどの費用は25,000円と紹介されています。

この場合、自己負担額は合計約82,828円5,400円9,000円25,000円約122,228円となり、
一度の入院により家計に大きな負担がかかってしまうことがわかります。

「こんな大金一度に支払えない……
 もし入院なんてことになったらどうしたらいいの?」


そんな時、「エクセルエイドの糖尿病保険」に加入していれば、
入院日額5,000円、入院中の手術一回につき50,000円を保障します。

【急性虫垂炎で7日間入院+手術】の場合の給付例

入院(1日5,000円)×7日:35,000円
入院中の手術×1回:50,000円
給付金合計:85,000円


事前に医療保険に加入することで
家計への負担を大きく減らすことが可能です。


さらにエクセルエイドの保険は1年ごとの更新型。
年齢に応じたお手軽な保険料で入院・手術に備えられます!!
また、満期までの期間などを気にすることなく、いつでも保険の見直しが可能です。

手厚い保障を求める方には通院保障付きプラン
万一のことを考えての死亡保障の商品もご用意があります。


小中高VOCまとめ記事リンク用画像


お子様の将来を考えて賢く保険を選ぶなら、エクセルエイドの保険をおすすめします!


お見積りはこちらから

shiryouha02


ご質問などございましたらご遠慮なく
0120-307-133(平日10時 -17時)
にお問合わせください!

70歳以上で医療保険が必要な場合

2017.12.19 火曜日

70歳以上で医療保険が必要な場合

70歳を過ぎても、75歳以上になれば高齢者医療制度が使えるから民間の医療保険は不要、と考える方もいるかもしれません。
ですが、70歳を過ぎてご自身が持病をお持ちの場合はどうなるでしょうか。

厚生労働省の「患者調査」(平成26年)によると、入院患者の約16%は糖尿病による入院となっています。
また、70歳以上の方の約3%は入院中で、60~69歳の場合では約1%という結果に比べると、入院のリスクは約3倍になっていることがわかります。

当然ですが、糖尿病の方はそうでない方よりも入院リスクがぐんと上がります。
血糖コントロールや合併症の治療など、その理由は多岐にのぼります。

こうした場合に備えて70歳以上で入れる医療保険を検討しても、
引受基準緩和型医療保険では保険料が高くなっていたり、
既に患っている持病は対象外、また病状の悪化が給付の条件になっている等、
ご契約に際しては様々な注意点があります。

ですが、糖尿病の方のために作られたエクセルエイドの糖尿病保険なら
以下のような特長があり、70歳以上で糖尿病を患っていらっしゃる方にも安心してご加入いただくことが可能です。

・お手軽な保険料
(健常者向け保険に糖尿病の保障のみを上乗せして月払保険料を算出しております。糖尿病の入院・手術に備えたいという方に最適な保険です)
・契約前発症の糖尿病、糖尿病に起因する合併症も保障します
・糖尿病での給付にも「悪化した場合~」などの条件はありません
(初年度に限り60日間の免責期間がございます)


「糖尿病を抱え、老後の医療費が不安」という方、
是非一度当社へご相談ください。


お見積りはこちらから

資料請求はこちらから


70歳でも入れる保険|80歳でも入れる保険|エクセルエイド

「大変!80歳を過ぎて無保険状態…今から入れる保険は?」

2017.12.19 火曜日

大変!高齢になっての無保険状態

「年齢を重ねるごとに保険料の支払いが負担となり、
 80歳を過ぎ保障額も少なくなったため保険を解約した」
「今までの保険が80歳で切れてしまい、医療の保障がない」
「気づいたら無保険状態、今の年齢から入れる保険がなく葬式費用の貯蓄もない」


最近、このようなお問い合わせをいただくケースが大変多くなっております。

ご安心ください、エクセルエイドの保険は満89歳までご加入いただけます!!
80歳以上の方からのお申込みも多く、「高齢でも入れる保険を探していた」とご好評いただいております。

また、年齢が上がるにつれて負担が増えていく保険料も、エクセルエイドの保険ならご希望の保険金やプランを選べるので、
お客様のニーズに合った保険を設計することができます!

「お手軽に備えたい」80歳以上の方を中心に、エクセルエイドの普通保険ミニが人気です!
10万円~最高90万円まで、10万円単位で保険金をお選びいただけます。

80歳で死亡保険金50万円でご契約いただいた場合の月払保険料
男性:4,745円
女性:2,416円


手厚く備えたい方には、エクセルエイドの普通保険ライフがオススメです。
100万円単位の保険金額で、最高300万円までの保障をお選びいただけます。

さらに、「毎年保険料が上がるのは嫌だ!」という方には、
保険料がずっと変わらないエクセルエイドの普通保険フラットがピッタリ!
月々2,000円から定額の保険料をお選びいただけ、無理なく万が一に備えることができます。


また、持病のある方・糖尿病を患っていらっしゃる方には、糖尿病保険シリーズもございます。
3つの告知でご加入いただけます。


お見積りはこちらから

資料請求はこちらから

50代は入院リスクが高まる?

2017.12.19 火曜日

高齢になってから入院するとどうなるの?


働き盛りの50代。それと同時に病気のリスクが高まる年代でもあります。




厚生労働省「患者調査」(平成26年)によると、
50代の方が入院する割合は、40代の方の約2倍という結果が出ています。

万が一入院してしまった場合、差額ベッド代や家族の見舞費用など、健康保険の対象外となる費用もあり、医療費が大きな負担となるケースが多いと考えられます。

そんな時に備えて安心なのが、医療保険です。

エクセルエイドの医療保険なら、
お手頃な保険料で入院(日額5,000円)・手術(50,000円または25,000円)を保障。
例えば以下のようなケースも保障の対象となります。

【気管支炎で60日間入院】した場合の「エクセルエイドの医療保険」給付例

 入院(1日5,000円)×60日:給付金30万円

※厚生労働省「患者調査」(平成26年)より、気管支炎及び慢性閉塞性肺疾患の平均入院日数…60.0日

【心筋梗塞で20日間入院+手術】した場合の「エクセルエイドの医療保険」給付例

 手術(入院を伴う)×1回: 5万円
 入院(1日5,000円)×20日:10万円
 給付金合計15万円

 ※厚生労働省「患者調査」(平成26年)より、心疾患(高血圧性のものを除く)の平均入院日数…20.3日
 
少しでも医療費の負担を減らすための転ばぬ先の杖
50代の方へ、エクセルエイドの医療保険をおすすめします。


お見積りはこちらから

資料請求はこちらから

60歳で入院したときの費用は?

2017.12.19 火曜日

高齢になってから入院するとどうなるの?

入院した場合、一般的に年齢とともに入院費用は高くなる傾向にあることをご存知でしょうか。


厚生労働省「国民医療費」(平成26年)によると、
60歳から64歳までの方が入院した場合、一人当たりの入院医療費は40歳から44歳の方の3倍以上という結果が出ています。

また、これ以外にも差額ベッド代や家族の見舞費用など、健康保険の対象外となる費用もあり、
万が一入院してしまった際の医療費が大きな負担となるケースが多いと考えられます。

そんな時に備えて安心なのが、医療保険です。

エクセルエイドの医療保険なら、
お手頃な保険料で入院(日額5,000円)・手術(50,000円または25,000円)を保障。
例えば以下のようなケースも保障の対象となります。

【気管支炎で60日間入院】した場合の「エクセルエイドの医療保険」給付例

 入院(1日5,000円)×60日:給付金30万円

 ※厚生労働省「患者調査」(平成26年)より、気管支炎及び慢性閉塞性肺疾患の平均入院日数…60.0日

【心筋梗塞で20日間入院+手術】した場合の「エクセルエイドの医療保険」給付例

 手術(入院を伴う)× 1回:  5万円
 入院(1日5,000円)×20日:10万円
  給付金合計15万円

 ※厚生労働省「患者調査」(平成26年)より、心疾患(高血圧性のものを除く)の平均入院日数…20.3日

少しでも医療費の負担を減らすための転ばぬ先の杖
シニア世代の方へ、エクセルエイドの医療保険をおすすめします。


お見積りはこちらから

資料請求はこちらから

「赤ちゃんの学資保険をどうしよう?」

2017.12.19 火曜日




「子供の学資保険をどうしよう?」

そう考えた際、満期のある保険の種類が思い浮かぶ方は多いと思われます。
貯蓄性のある保険や返戻金の額を見ると、魅力的に思われるかもしれません。

しかし、満期を迎える前にお子様がご病気になり入院や手術をされた場合、
満期後に別の保険に入ることが難しくなってしまうケースもあります。

一方、若くから終身保険に入った場合だと、「払い済み」等のタイプでは
年齢の若いうちは保険料が割高となることがほとんどです。

また、お子様が今後どのような人生を歩まれるかにより、
必要な保険も変わってくるはずです。

そこで、エクセルエイドの保険なら、このようなメリットがあります!

・1年間の更新型で、年齢ごとのリスクに応じた保険料です!
・病歴に関わらず更新可能です!

エクセルエイドの保険なら、更新のたびに保険の見直しをすることができるので、
「満期まであと何年も続けなければ損をしてしまう」ということはありませんし、
年齢に応じた保険料のため、保険料を払い過ぎてしまう期間もありません。

入院・手術を保障する医療保険エクセルエイドの普通保険なら、
月々の保険料も2歳・男子でも1,305円とお手頃です。
普通保険18歳保険料表

また、通院保障付の手厚いプラン、
「エクセルエイドの普通保険プラス」もございます。
普通保険プラス18歳保険料表

赤ちゃんの保険を賢く選びたい・お手頃な保険料で備えたいという考えにフィットした
エクセルエイドの普通保険
この機会に検討されてはいかがでしょうか。



40代で入院リスクは高まる?

2017.12.19 火曜日

30代保険

働き盛りの40代。
子供の進学やマイホーム購入などでなにかと出費が増えると同時に
病気のリスクが高まる年代でもあります。



厚生労働省「国民医療費」(平成26年)によると、
40代の方が入院する割合は、20代の方の約1.8倍!という結果が出ています。

万が一入院してしまった場合、差額ベッド代や家族の見舞費用など、健康保険の対象外となる費用もあり、医療費が大きな負担となる可能性があります。

そんな時に備えて安心なのが、医療保険です。

エクセルエイドの医療保険なら、
お手頃な保険料で入院(日額5,000円)・手術(50,000円または25,000円)を保障。
例えば以下のようなケースも保障の対象となります。

気管支炎で60日間の入院
入院(1日5,000円)×60日: 30万円
給付金30万円のお支払い

※気管支炎及び慢性閉塞性肺疾患の平均入院日数…60.0日

心筋梗塞で20日間の入院
手術(入院を伴う)×1回:   5万円
入院(1日5,000円)×20日: 10万円
給付金15万円のお支払い

※心疾患(高血圧性のものを除く)の平均入院日数…20.3日

※退院患者の平均在院日数…厚生労働省「患者調査」(平成26年)より

少しでも医療費の負担を減らすための転ばぬ先の杖
40代の方へ、エクセルエイドの医療保険をおすすめします。


お見積りはこちらから

資料請求はこちらから

高校生で入院すると一体いくらかかるの?

2017.12.19 火曜日

高校生からの保険を検討されている方へ
お子様が中学校を卒業すると同時に、多くの自治体では子どもの医療費助成制度がなくなります。
そのため、高校生になってから病気やケガによる入院・手術をした場合、
これまではかからなかった医療費を負担しなければならなくなります。

自治体別子どもの医療費助成制度(一部抜粋)

自治体 終了時期 所得制限 自己負担
東京都新宿区 中学卒まで  なし なし
東京都渋谷区 中学卒まで  なし なし
埼玉県さいたま市  中学卒まで なし なし
神奈川県横浜市 中学卒まで 年齢により異なる  年齢により異なる 
千葉県千葉市 中学卒まで なし 年齢・所得により異なる 
(2017年1月調べ)

「中学までは自己負担のなかった医療費についても、
 今後は考えないといけない…
 高校生になって大学進学や塾通いもあるし、
 もし入院・手術があった時に家計が不安だわ」


そんな風に考えて医療保険を検討される際におすすめなのが、
「エクセルエイドの普通保険」です。

実際に、高校生で病気やケガをすると医療費はどれくらいになるかご存じですか?

【ケース1】足を骨折し、手術・22日間入院した場合
足の骨折で手術・22日間入院した場合、保険適用となる医療費の総額は1,676,830円と言われています。

【足の骨折で22日間入院】した場合の
保険適用となる医療費の内枠
項目 金額
初診料 2,820円
医学管理料 59,490円
投薬料 5,280円
注射料 12,580円
処置料 37,690円
手術料 693,360円
麻酔料 101,640円
検査料 6,400円
画像診断料 50,140円
リハビリテーション料 153,600円
入院料 553,830円
合計 1,676,830円
(出典:公益財団法人生命保険文化センター「医療保障ガイド」2016年9月改訂版)

合計金額の1,676,830円に社会保険が適用されるので、
自己負担割合が3割の場合、自己負担額は503,049円です。

1世帯の1ヵ月の医療費が80,100円を超える場合
健康保険の高額療養費制度が適用となります。
(※健康保険加入者が月収28~50万円(給料等が27万円以上51.5万円未満)基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下の場合)

健康保険の加入者本人が月収28~50万円、
基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下であった場合、
自己負担限度額の計算式は下記の式となります。
80,100円+(医療費-267,000円)×1%

上記の式を使うと、この場合の高度療養費制度適用後の自己負担額は
80,100円+(1,676,830円-267,000円)×1%=約94,198円となります。

ただし、保険適用とならない費用として、入院時食事代、見舞時の家族の交通費や食費、差額ベッド代、その他諸雑費などがあります。

◆入院時食事代
公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例によると、
1食あたりの食事代相場は360円です。22日間の入院中57食とった場合(入院中に食事なしのときがあったとする)
入院時食事代は360円×57食=20,520円となります。

◆見舞時の家族の交通費や食費
前出の公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例では、
見舞時の家族の交通費や食費が40,500円

◆その他諸雑費
入院中の衣類や快気祝いなどの費用は41,000円と紹介されています。

この場合、自己負担額は合計約94,198円20,520円40,500円41,000円約196,218円となり、
一度の入院により家計に大きな負担がかかってしまうことがわかります。

「こんな大金一度に支払えない……
 もし入院なんてことになったらどうしたらいいの?」


そんな時、「エクセルエイドの普通保険」に加入していれば、
入院日額5,000円、入院中の手術一回につき50,000円を保障します!!

【骨折で22日間入院+手術】の場合の給付例

入院(1日5,000円)×22日:110,000円
入院中の手術×1回:50,000円
給付金合計:160,000円



【ケース2】急性虫垂炎(盲腸)で手術・7日間入院した場合
急性虫垂炎(盲腸)で手術・7日間入院した場合、保険適用となる医療費の総額は539,810円と言われています。

【急性虫垂炎(盲腸)で7日間入院、「腹腔鏡下虫垂切除術」で手術】した場合の
保険適用となる医療費の内枠
項目 金額
初診料 2,820円
医学管理料 51,230円
投薬料 1,850円
注射料 9,300円
処置料 1,950円
手術料 155,500円
麻酔料 15,400円
検査料 17,020円
画像診断料 37,970円
入院料 246,770円
合計 539,810円
(出典:公益財団法人生命保険文化センター「医療保障ガイド」2016年9月改訂版)

合計金額の539,810円に社会保険が適用されるので、
自己負担割合が3割の場合、自己負担額は161,943円です。

1世帯の1ヵ月の医療費が80,100円を超える場合
健康保険の高額療養費制度が適用となります。
(※健康保険加入者が月収28~50万円(給料等が27万円以上51.5万円未満)基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下の場合)

健康保険の加入者本人が月収28~50万円、
基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下であった場合、
高度療養費制度適用後の自己負担額は
80,100円+(539,810円-267,000円)×1%=約82,828円
高額療養費制度の適用となることで自己負担額は約82,828円となります。

ただし、保険適用とならない費用として、入院時食事代、見舞時の家族の交通費や食費、差額ベッド代、その他諸雑費などがあります。

◆入院時食事代
公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例によると、
1食あたりの食事代相場は360円です。7日間の入院中15食とった場合(入院中に食事なしのときがあったとする)
入院時食事代は360円×15食=5,400円となります。

◆見舞時の家族の交通費や食費
前出の公益財団法人生命保険文化センター発行の「医療保障ガイド」の例では、
見舞時の家族の交通費や食費が9,000円

◆その他諸雑費
入院中の衣類や快気祝いなどの費用は25,000円と紹介されています。

この場合、自己負担額は合計約82,828円5,400円9,000円25,000円約122,228円となり、
一度の入院により家計に大きな負担がかかってしまうことがわかります。

「こんな大金一度に支払えない……
 もし入院なんてことになったらどうしたらいいの?」


そんな時、「エクセルエイドの普通保険」に加入していれば、
入院日額5,000円、入院中の手術一回につき50,000円を保障します!!

【急性虫垂炎で7日間入院+手術】の場合の給付例

入院(1日5,000円)×7日:35,000円
入院中の手術×1回:50,000円
給付金合計:85,000円


事前に医療保険に加入することで
家計への負担を大きく減らすことが可能です。


さらにエクセルエイドの保険は1年ごとの更新型。
年齢に応じたお手軽な保険料で入院・手術に備えられます!!
また、満期までの期間などを気にすることなく、いつでも保険の見直しが可能です。

「エクセルエイドの普通保険」16歳~18歳 月払保険料
年齢 男性 女性
16歳 1,063円 982円
17歳 1,106円 1,007円
18歳 1,128円 1,019円

手厚い保障を求める方には通院保障付きプラン
万一のことを考えての死亡保障の商品もご用意があります。


小中高VOCまとめ記事リンク用画像


お子様の将来を考えて賢く保険を選ぶなら、エクセルエイドの保険をおすすめします!


お見積りはこちらから

shiryouha02


ご質問などございましたらご遠慮なく
0120-307-133(平日10時 -17時)
にお問合わせください!

よくあるご質問
ご不明な点、ご質問等ございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。 0120-307-133 平日10時から17時まで 土日祝日年末年始除く WEBフォーム
お申し込みは、インターネットだけで完結! カンタンな告知をご入力いただくだけ。 ご契約の流れ
[ご意見・苦情等のお申し出について]
当会社の商品・サービス等に関するご意見・苦情等のお申し出に際しましては、当会社下記のお客様相談室もご利用いただけます。

<ご意見・苦情等の受付電話番号>


なお、当会社加入協会の「少額短期ほけん相談室」をご利用いただくこともできます。
<当会社加入協会>
一般社団法人日本少額短期保険協会
「少額短期ほけん相談室」
電話(フリーダイヤル):0120-82-1144
FAX:03-3297-0755
受付時間:9:00~12:00、13:00~17:00
受付日:月曜日から金曜日(祝日および年末年始休業期間を除く)
ページの先頭へ戻る