糖尿病保険のエクセルエイド糖尿病保険のパイオニア


「糖尿病保険に関するご質問 」一覧

過去2年以内に病気で入院・手術したことがある場合、病気の内容に関わらず、保険に加入することはできないのですか?

いいえ、入院・手術の原因となった傷病名によってはご加入をお引き受けすることがあります。
(例:虫垂炎、帝王切開など、詳細については、当会社「契約保全部契約課」へお問い合わせください。)



また、1型糖尿病の方は、糖尿病と診断された際の入院について、退院日の翌日から3ヵ月以上経過していれば、ご加入いただけます。

1入院の入院給付金の支払日数限度は何日ですか?

60日が限度です。

1年の保険期間で2回以上の入院した場合、入院給付金の支払いはどうなりますか?

入院の直接の原因となった疾病や事故発生日時が異なる場合は、それぞれ1回の入院として、支払日数限度60日が適用されます。


ただし、それぞれの入院 の直接の原因となった疾病が同一または医学上重要な関係があると当会社が認めた場合や事故発生日時が同一である場合は、 継続した1回の入院とみなします。

免責期間中に病気で入院し、免責期間経過後の入院中に別の病気を併発した場合には入院給付金が支払われるのですか?

医師が入院による治療が必要と診断されたときは、その日を含めて支払日数限度60日が適用されます。

1回の入院の支払限度日数60日の入院中に糖尿病または合併症を併発した場合はどうなりますか?

入院期間中に入院の直接の原因と異なる糖尿病または合併症を併発し糖尿病または合併症の治療を開始したときは、当初の入院に関する支払日数の計算は糖尿病または合併症の治療を開始した日の前日までとし、糖尿病または合併症の治療を開始した日からは新たな入院とみなして入院日数を計算します。

更に新たな入院とみなされた期間中に異なる合併症を併発し異なる合併症の治療を開始したときは、その治療を開始した日からは新たな入院とみなして入院日数を計算します。


なお、糖尿病以外の病気の併発は、新たな入院とはみなさず、継続した1回の入院となります。

入院した場合にはいくら貰えますか?

1入院60日間を限度として、給付金をお支払いします。


1.たとえば、盲腸で7日間入院したときの入院給付金は1日5,000円×7日=35,000円となります。
また入院中に手術をされている場合には、手術給付金として50,000円を加え、合計85,000円をお支払いします。


2.たとえば、糖尿病で入院中の50日目の翌日に糖尿病に起因する腎症を併発し、更に腎症併発から51日目に糖尿病に起因する狭心症を併発し60日間入院した場合には、 手術給付金の支払いがないと、5,000円×(50日+50日+60日)=800,000円をお支払いします。

手術は入院しないと貰えないのですか?

いいえ、日帰り手術でもお支払いします。

入院中の手術の場合は、5万円、入院中でない手術の場合は、2.5万円をお支払いします。

ただし、60日以内に2回以上受けた場合には、1回の手術とみなします。

また、60日経過後であっても、1保険期間中に同一部位(眼・腎臓など、一対となっている部位の場合には、その一対の部位は同一部位とみなします。)の手術 または同一種類の病気の治療のための手術を2回以上受けた場合は、2回目以降の手術はお支払いできません。

歯周病の手術は、どのような手術ならば貰えるのですか?

健康保険適用外の歯周組織再生手術やインプラント手術をいいます。

手術を受けた場合には、1回2.5万円をお支払いします。

ただし、120日以内に歯周病手術を2回以上受けた場合には、1回の歯周病手術とみなします。

また、1保険期間中に歯周病手術を2回以上受けた場合でも、歯周病手術給付金の支払は2回を限度とします。

給付金の支払上限はありますか?

1年間(1保険期間)に支払われる入院給付金・手術給付金 を合計して80万円が限度となります。

更新期間をまたいで入院している場合の入院日数の計算はどうなりますか?

保険契約の更新前に入院を開始し、保険契約更新後に退院をした場合は、更新前の保険期間中の入院とみなして、入院給付金の計算をします。

ご不明な点、ご質問等ございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。 0120-307-133 平日10時から17時まで 土日祝日年末年始除く WEBフォーム
お申し込みは、インターネットだけで完結! カンタンな告知をご入力いただくだけ。 ご契約の流れ
[ご意見・苦情等のお申し出について]
当会社の商品・サービス等に関するご意見・苦情等のお申し出に際しましては、当会社下記のお客様相談室もご利用いただけます。

<ご意見・苦情等の受付電話番号>


なお、当会社加入協会の「少額短期ほけん相談室」をご利用いただくこともできます。
<当会社加入協会>
一般社団法人日本少額短期保険協会
「少額短期ほけん相談室」
電話(フリーダイヤル):0120-82-1144
FAX:03-3297-0755
受付時間:9:00~12:00、13:00~17:00
受付日:月曜日から金曜日(祝日および年末年始休業期間を除く)
ページの先頭へ戻る