糖尿病保険のエクセルエイド糖尿病保険のパイオニア


一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 名誉会長 医学博士 池田義雄先生からの健康情報(1無2少3多の教え)の掲載

Pocket

成人病から生活習慣病へ

昭和30年代から、成人病という言葉が行政を中心に使われてきました。
それが平成8年から生活習慣病へと改められました。それは当時の公衆衛生審議会、筆者も委員の1人でしたが、それまで成人病と言われていた脳卒中、心筋梗塞そして癌についても、当時の対応は早期発見、早期治療ということで予防の視点が欠けていることが論議されました。

すなわち成人病は歳を取ると罹かるのは致し方ないという受け止め方が、一般国民の中にも浸透していて、これに罹った人の責任ということよりも社会全体の責任だという感を強く持たせていたということへの反省がありました。これを予防したり治療したりしていく上で、いつまでも成人病ということで、罹ったらしょうがないというあきらめ感では困るということになりました。

それともう一つ、成人病で括られてきた疾患が小中学生、そして若年者にもすくなからずにみられるようになってきたという実態において、小児科の医師が小児・若年成人病と言い始めるという矛盾した表現が出るなどの混乱も見られました。

そこで病気が起こってくる仕組みが、遺伝プラス生活習慣ということから生活習慣関連性の病気だとして捉えるべきだという議論になりました。
その結果、生活習慣関連性疾患とすべきではあるが、これでは長すぎるところから、思い切って生活習慣病にするという結論に至ったというわけです。

どういう病気が生活習慣病かというと、太り過ぎている人(肥満症)、糖尿病、高血圧、脂質異常症、そのほか歯の病気、若い人達にも多い歯周病(歯槽膿漏)、そして高齢女性に多い骨粗鬆症などです。その特徴は感染症とは異なり人から人にはうつらない、自分の体質、特に遺伝を背景にして、豊富な食と運動不足な生活にどっぷり浸り込んで太った、その結果として起こってくる疾病異常だということです。次回からはこれの予防策を一無、二少、三多としてとりまとめていくことにします。


医学博士 池田義雄
一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 名誉会長
元東京慈恵会教授

よくあるご質問
ご不明な点、ご質問等ございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。 0120-307-133 平日9時から18時まで 土日祝日年末年始除く WEBフォーム
お申し込みは、インターネットだけで完結! カンタンな告知をご入力いただくだけ。 ご契約の流れ
ページの先頭へ戻る