糖尿病保険のエクセルエイド糖尿病保険のパイオニア


「 生命保険 」 に関する記事一覧

糖尿病の方のための保険

弊社の糖尿病保険はこのような方がご加入できます。

ポイント01
糖尿病合併症を発症していてもご加入できます。
(糖尿病の1型・2型・妊娠糖尿病などタイプ、原因を問いません)
ポイント02
告知は3項目だけ。医師の診査も必要ありません。
ポイント03
0歳3ヵ月から89歳までご加入いただけます。

糖尿病の方のための医療保険

糖尿病保険

手ごろな保険料の糖尿病保障

糖尿病、合併症やその他、病気、ケガを保障する医療保険。エクセルエイドならどんな糖尿病でもカバーできます!

糖尿病保険プラス

通院付で手厚い保障の糖尿病保険

糖尿病、合併症やその他、病気、ケガを保障する医療保険。通院保障で、糖尿病と歯周病を手厚くカバー!

糖尿病の方のための定期保険

糖尿病保険ライフ

持病をお持ちの方向けの死亡保障
(死亡保険金一定プラン)

3つの告知でかんたん加入。
一口100万円からの定期保険。万が一の死亡に最高300万円まで保障します!

糖尿病保険ミニ

持病をお持ちの方向けの、さらに少額の死亡保障
(死亡保険金一定プラン)

一口10万円からの定期保険。
万が一の死亡に保障します!

糖尿病保険フラット

持病をお持ちの方向けの死亡保障
(保険料一定プラン)

3つの告知でかんたん加入。
ずっと変わらない保険料で、万が一の死亡に最高300万円まで保障します!



会社ロゴ




終活裏ワザ その1

 生前贈与と生命保険を利用して、相続税対策!

贈与したお金を残してもらえるよう生命保険との組み合わせをご検討されてはいかがでしょうか。


始めに、「生前贈与」とは・・・

  生存する個人から財産を無償で他の人に与えることです。
  財産を与える人のことを贈与者、財産をもらう人のことを受贈者と言います。

  贈与は、贈与者と受贈者の契約なので、贈与者と受贈者の意思表示で成立します。
  したがって、「あげたつもり」では、贈与はありません。贈与者と受贈者で、お互いの
  通帳に記帳するなど、記録を残すことが必要です。

  また、生前贈与は年間の贈与額が110万円以下ならば非課税となります。

isan_souzoku
この生前贈与と生命保険を利用して相続税を抑えるには、下記の契約形態で生命保険に加入します。

  ・保険契約者  → お子様
  ・被保険者   → 親御様
  ・保険金受取人 → お子様

生命保険料の支払いには、お子様が贈与を受けた現金を充てます。

親御様がお亡くなりになったときに、生命保険金としてまとまった金額が支給されます。

この生命保険金は、お子様が保険契約者として保険料を負担していたので、受け取った
生命保険金は親御様の相続財産には含まれず、お子様の一時所得として扱われます。

一時所得では、受け取った死亡保険金のうち、支払った保険料総額を上回る利益部分から
50万円を控除した残りの金額が課税の対象となりますが、相続税と比較しての負担としては
非常に少なくなります。


皆様も生前贈与と生命保険をご活用してみてはいかがでしょうか?


お問い合わせはこちらからどうぞ → お問い合わせ




終活裏ワザ その2

 生命保険金には非課税枠がある!

ご自身の相続税がいくらになるかご存じですか?

平成27年の改正で「遺産に係る基礎控除額」が引き下げられました。

相続税の基礎控除の金額は、
3,000万円+600万円×法定相続人の数 となります。

例えば、法定相続人が3人の場合、
相続税の基礎控除の金額は、
3,000万円+600万円×3人=4,800万円となります。

write

相続財産が基礎控除額を超える場合、元気な間に税軽減の方法、納税資金など、相続税対策をする必要があります。

その方法の一つに、死亡保険金に認められている「非課税枠の活用」があります。

生命保険の死亡保険金は相続税の対象ではありますが、遺族の生活を守るため、
「500万円×法定相続人の数」という非課税枠が認められています。

先ほど例に挙げた法定相続人が3人のケースでは、500万円×3人=1,500万円までは非課税となります。

生命保険の非課税枠を有効活用して、相続税の軽減対策してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせはこちらからどうぞ → お問い合わせ

終活裏ワザ その3

 契約形態によって生命保険金の課税が変わる!?

“自分が亡くなった後も、ご家族にお金を遺したい・・・”
そんな想いで生命保険をかけている方も多いかと思います。

その保険金を受け取った場合に、保険料の負担者、保険金受取人、被保険者が誰になるのかで、
所得税、相続税、贈与税のいずれかの課税の対象になります。


表:死亡保険金の課税関係一覧
保険料の負担者 被保険者 保険金受取人 税金の種類
B A B 所得税
A A B 相続税
B A C 贈与税
(※)被保険者Aが死亡した場合。



< 所得税が課税される場合 >

 所得税が課税されるのは、上記の表のように、保険料の負担者と保険金受取人とが同一人の場合です。

この場合の死亡保険金は、受取の方法により、一時所得又雑所得として課税されます。


1.死亡保険金を一時金で受領した場合

死亡保険金を一時金で受領した場合には、一時所得になります。

「一時所得の金額」は、その死亡保険金以外に他の一時所得が無いとすれば、受け取った保険金の総額から
既に払い込んだ保険料又は掛金の額を差引き、更に一時所得の特別控除50万円を差引いた金額です。

「課税の対象」になるのは、この金額を更に1/2にした金額です。


2.死亡保険金を年金で受領した場合

死亡保険金を年金で受領した場合には、「公的年金等以外の雑所得」になります。

雑所得の金額は、その年中に受け取った年金の額から、その金額に対応する払込保険料又は掛金の額を
差し引いた金額です。なお、年金を受け取る際には、原則として所得税が源泉徴収されます。

family_danran_big

< 相続税が課税される場合 >

 相続税が課税されるのは、上記の表のように、保険料の負担者と死亡した被保険者が同一人の場合です。

 受取人が被保険者の相続人であるときは、「相続」により取得したものとみなされ、相続人以外の者が
受取人であるときは「遺贈」により取得したものとみなされます。

 また、死亡保険金を年金で受領する場合には、毎年支払を受ける公的年金等以外の年金に係る
所得税については、年金支給初年は全額非課税
、2年目以降は課税部分が階段状に増加していく
方法により計算します(※1)。

なお、年金を受け取る際には、原則として所得税が源泉徴収されます(※2)。



< 贈与税が課税される場合 >

 贈与税が課税されるのは、上記の表のように、保険料の負担者、被保険者、保険金の受取人がすべて異なる場合です。

 また、死亡保険金を年金で受け取る場合には、毎年支払を受ける公的年金等以外の年金に係る
所得税については、年金支給初年は全額非課税
、2年目以降は課税部分が階段状に増加していく
方法により計算します(※1)。

なお、年金を受け取る際には、原則として所得税が源泉徴収されます(※2)。


※1: 実際に贈与税の納税額が生じなかった場合でも、上記の方法で計算します。

※2: 平成25年1月1日以後に支払われる生命保険契約等に基づく年金のうち、その年金の支払を
受ける人と保険契約者とが異なる契約等で一定のものに基づく年金については、源泉徴収されません。



生命保険金・死亡保険金と一口に言っても、様々な違いが出てきます。

皆様もこれを機にご家族とご相談してみてはいかがでしょう?
ご希望に沿った契約形態をお選びください。


● お問い合わせはこちらからどうぞ → お問い合わせ

ご高齢でも持病があっても入れる生命保険

ご高齢でも入れる生命保険をお探しの皆様へ


エクセルエイド少額短期保険では加入可能年齢が、70歳以上、80歳以上の
高齢者でも入れる生命保険のご用意があります。
負担感少ない割安な保険料が魅力です。

また、高齢かつ持病があっても加入できる保険もございます。
こちらは、3つの告知さえ問題なければ、健康な方と同じ保障を受けることができます。
(※保険料は異なります。)

「持病保険」に関連するコンテンツはこちらから
持病のある人でも保険に入るべき?

ご高齢者に優しい保険会社。それがエクセルエイドです。

ご質問などございましたらご遠慮なく
0120-307-133(平日9時-18時)
にお問合わせください!


80歳でも入れる生命保険 エクセルエイドの普通保険ライフお見積糖尿病保険ライフお見積


資料請求はこちらから

葬儀費用を準備するには <積立と保険の違い>

最近では「終活」という言葉も聞くようになり、事前に葬儀費用の準備を考える方も増えてきました。

これまでの葬儀費用の準備といえば、互助会などの積立や貯蓄で備えるのが一般的でした。
ですが、積立や貯蓄では経過年数に応じて準備できる金額が異なり、数年の積立では
もしもの時に心もとない!なんて事態も考えられます。

tsumitatehoken

そこで保険の出番です。
保険で備える場合は経過年数にかかわらず一定の金額を準備することが可能です。

・無駄なく効率的に葬儀費用の準備ができる
・葬儀費用でご家族に負担をかけたくない
・できるだけ家計の負担を少なくして費用を準備したい

ということを考慮した結果、葬儀費用の準備の方法として保険を活用される方が増えてきています。


———————————————————–


エクセルエイド少額短期保険では加入可能年齢が、70歳以上、80歳以上の
高齢者でも入れる生命保険のご用意があります。
負担感の少ない割安な保険料が魅力です。

また、高齢かつ持病があっても入れる保険もございます。
こちらは、3つの告知だけでお申込みいただけ、
健康な方と同じ保障を受けることができます。
(※保険料は異なります。)


ご質問などございましたらご遠慮なく当社までお問合わせください!
0120-307-133(平日9時-18時)

資料請求はこちらから



70歳でも入れる保険|葬儀保険|エクセルエイド

【1型糖尿病|高校生|16歳|女性】 他の生命保険に、1型糖尿のため加入できないため

加入された保険

エクセルエイドの保険を選ばれた理由・商品へのご感想・ご要望など
他の生命保険に、1型糖尿のため加入できないため
子供の保障がない

【1型糖尿病|高校生|16歳|女性】


83歳でも持病があっても入れる生命保険

83歳でも入れる生命保険をお探しの皆様へ


エクセルエイド少額短期保険では加入可能年齢が、70歳以上、80歳以上の
高齢者でも入れる生命保険のご用意があります。
負担のない割安な保険料が魅力です。


また、高齢かつ持病があっても入れる保険もございます。
こちらは、3つの告知さえ問題なければ、健康な方と同じ保障を受けることができます。
※保険料は異なります。

「持病保険」に関連するコンテンツはこちらから
持病のある人でも保険に入るべき?

ご質問などございましたらご遠慮なく
0120-307-133(平日9時-18時)
にお問合わせください!


83歳でも入れる生命保険 エクセルエイドの普通保険ライフお見積糖尿病保険ライフお見積


資料請求はこちらから

高齢者保険|エクセルエイド

葬儀費用あれこれ

厚生労働省の調査で、2014年における日本の平均寿命は、
男性が80.50歳、女性が86.83歳と発表されました。

年々、平均寿命は延びていますが、男女ともに約6割の方は寿命までに亡くなっています。
【 厚生労働省「平成26年人口動態調査」より 】

そして、亡くなられた際には葬儀を上げることとなります。
葬儀費用の相場は約189万円かかるとのアンケート結果も出ており、
だいたい200万円くらいを目安に備えることが必要になってきます。
【2014年 日本消費者協会「第10回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」より】

–< 葬儀費用内訳 >—–
葬儀一式費用:
遺体のお迎え・遺体の搬送・通夜・葬儀式・告別式・火葬・骨上げなどの
葬儀葬送をとり行うために必要な物や人、場所にかかる費用のことです。

寺院費用:
読経料や戒名料などを指します。費用は寺社や教会により大きく異なりますが、
全国平均は51.4万円です。読経や戒名が不要な場合はこの費用は発生しません。

接待飲食費用:
料理や飲み物、会葬返礼品を指します。
会葬者数や内容などにより金額が異なります。
—————————-

ご自身の葬儀で家族に負担をかけたくない、
葬儀費用に備えて今から入れる保険をお探しの方へ

エクセルエイド少額短期保険では加入可能年齢が、70歳以上、80歳以上の
高齢者でも入れる生命保険のご用意があります。
負担感少ない割安な保険料が魅力です。

また、高齢かつ持病があっても入れる保険もございます。
こちらは、3つの告知さえ問題なければ、健康な方と同じ保障を受けることができます。
(※保険料は異なります。)



ご質問などございましたらご遠慮なくにお問合わせください!
0120-307-133(平日9時-18時)

資料請求はこちらから



70歳でも入れる保険|葬儀保険|エクセルエイド

【2型糖尿病|76歳|男性】 生命保険が年齢制限で…

加入された保険

エクセルエイドの保険を選ばれた理由・商品へのご感想・ご要望など
生命保険が年齢制限に更新不可能となり葬式代の一部として唯一条件が合ったので加入を決めた。

【76歳|男性】


(エクセルエイドから)
この度は、当社の保険をお選び頂き、ありがとうございます。

糖尿病保険ライフは糖尿病・合併症はもちろん、その他の病気、ケガによる死亡を
一口100万円から、最高300万円まで保障します。

76歳男性の場合の月払い保険料
糖尿病保険ライフ :4,375円

貴方のご年齢でのお見積りはこちらから!
お見積りはこちらから

ご質問などございましたらご遠慮なく
0120-307-133(平日9時-18時)
にお問合わせください!

糖尿病でも入れる保険|エクセルエイド

80歳でも入れる生命保険

エクセルエイドの普通保険ライフ




エクセルエイドの健康な方のための生命保険。
加入可能年齢が、6歳から89歳までと幅広く、70歳以上、80歳以上のご高齢者でも入れる保険。
負担感の少ない割安な保険料が魅力です。

また、高齢かつ持病があっても入れる保険もございます。
こちらは、3つの告知さえ問題なければ、健康な方と同じ保障を受けることができます。
(「糖尿病保険ライフ」※保険料は異なります。)

お年を召されて、加入していた生命保険が満期になり、「気が付いたらもう入れる保険が無かった」
なんてお言葉を良く耳にします。
そんな時、80歳以上でもご加入できる、エクセルエイドの生命保険がぴったり。

「持病保険」に関連するコンテンツはこちらから
持病のある人でも保険に入るべき?

ご高齢者に優しい保険会社。それがエクセルエイドです。

ご質問などございましたらご遠慮なく
(フリーアクセス) 0120-307-133(平日9時-18時)
にお問合わせください!

実際に「エクセルエイドの普通保険ライフ」に加入された方のメッセージ一覧です。

  【82歳|男性】 高齢者が多くなるこれからの時代に安い掛金で充実した保障…
  【82歳|女性】 80歳以上が加入できる唯一の保険と
  【84歳|女性】 母が80歳を超え…
  【81歳|女性】 長年掛けていた保険の満期がきて以来、高齢なのに無保険状態…
  【81歳|女性】 年老いた両親の死後にかかる費用が心配になり色々探していました。
  【81歳|男性】 高齢でもはいれるため
  【79歳|男性】 父親の加入できる保険を探しておりました…

詳しくはこちらをご覧ください。



【死亡保険金100万円】

80歳でも入れる生命保険

よくあるご質問
ご不明な点、ご質問等ございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。 0120-307-133 平日9時から18時まで 土日祝日年末年始除く WEBフォーム
お申し込みは、インターネットだけで完結! カンタンな告知をご入力いただくだけ。 ご契約の流れ
ページの先頭へ戻る