糖尿病保険のエクセルエイド糖尿病保険のパイオニア


糖尿病なってしまったら

糖尿病なってしまったら

病気としての糖尿病

糖尿病を一言で表現すると、「体内をめぐる血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなり、その状態が続いてしまう病気」です。



日常生活の中で、特に食事をする時に、私たちの身体の中では食べ物が胃や腸などで消化されます。 特に、炭水化物が消化されると、身体を動かしたり臓器の働きに必要なエネルギー源となるブドウ糖になり、ブドウ糖も含めた栄養素は消化された後に血液に取り込まれ、全身に行き渡ります。 もちろん、血液中にもブドウ糖が蓄えられるので、食事の後は一時的に血糖値が上がりますし、激しい運動をしたり身体の中の臓器でエネルギーがたくさん消費されると、血液中のブドウ糖も消費されて血糖値は低下します。

さて、血糖値が一時的に上がると、私たちの身体の中では、すい臓という臓器が「血糖値が上昇したぞ!」と感知して、すい臓の中にある「β細胞」という細胞が「インスリン」を分泌します。 この「インスリン」は血液中のブドウ糖を筋肉や各臓器に取り込ませる「パイプ役」となるホルモンです。 こうして食べ物で摂取したブドウ糖は、「インスリン」の働きによって筋肉や各臓器のエネルギー源として供給されたり、運動をして消費されたりしながら、すい臓がセンサーを働かせることによって管理されています。 つまり、血糖値が高すぎたり(高血糖)、低すぎたり(低血糖)しないように、一定の値を保つようにヒトのカラダは機能しています。

しかし、生活習慣の悪化や、時には原因不明のままに、すい臓のセンサーや「インスリン」がうまく機能しなくなってしまい、「インスリン」の分泌量が少なくなってしまったり、「インスリン」が分泌されても機能しなくなってしまうことがあります。 こうなると、血糖値が一定の値を保てず、食事のたびに血糖値が上がり続け、常に血糖値が高い状態が続いてしまいます。 高血糖状態が続くと、血液や血管をはじめとした身体中の様々な臓器や機能がむしばまれていく、とても危険な状態になります。 こうした症状や病気のことを、「糖尿病」といいます。

もし糖尿病になってしまったら・なってしまう前にできること

糖尿病は自覚症状のないまま進行し、合併症が引き起こされて初めて発症に気づく、ということもあります。 もし、日々の生活の中で次のようなことに気づいたら、それは糖尿病のサインかもしれません。
・尿の量が多いと感じる
・喉が渇く
・食べているのに体重が減ってくる
・体がだるく、疲れやすい
私たちの身体が発するわずかな信号を見逃さないよう注意し、糖尿病の疑いのある場合には、早めに医師の診察や健康診断を受診することが必要です。 また、食後の運動を心掛けることも糖尿病の予防に繋がります。加えて、お菓子や炭水化物の取りすぎにも注意が必要です。 血糖値を適切にコントロールする為、日々の生活を見直して健康体の維持を心掛けましょう。

エクセルエイドができること

エクセルエイドは、「糖尿病有病者の健康増進と経済的負担の軽減に奉仕する」ことを理念として、世界糖尿病デーの国連採択と同じ年の2006年に設立された保険会社です。 人々の健康増進・保持を願い、糖尿病に関する健康管理情報の発信による糖尿病予防の啓発に努める一方、糖尿病による経済的負担の軽減に向け、糖尿病保険の普及に努めています。
また、社会貢献活動として、毎年夏には地域ごとに開催される1型糖尿病患者会サマーキャンプへの参加や、2016年11月より開設いたしました「1型糖尿病の子どものため法律相談ダイヤル」を通じて、糖尿病を抱える患者様やそのご家族の方の一助となれればと願っております。


エクセルエイドの糖尿病保険の特長

ポイント01
糖尿病合併症を発症していてもご加入できます。
(糖尿病の1型・2型・妊娠糖尿病などタイプ、原因を問いません)
ポイント02
告知は3項目だけ。医師の診査も必要ありません。
ポイント03
0歳3ヵ月から89歳までご加入いただけます。

お見積りはこちらから


shiryouha02




糖尿病の方のための医療保険

糖尿病保険

お手頃な保険料で糖尿病保障

糖尿病、合併症やその他、病気、ケガを保障する医療保険。エクセルエイドならどんな糖尿病でもカバーできます!

糖尿病保険プラス

通院付で手厚い保障の糖尿病保険

糖尿病、合併症やその他、病気、ケガを保障する医療保険。通院保障付きで、糖尿病と歯周病を手厚くカバー!

糖尿病の方のための生命保険

糖尿病保険ライフ

持病をお持ちの方のための生命保険
(死亡保険金一定プラン)

一口100万円からの生命保険。万が一の死亡を最高300万円まで保障します。

糖尿病保険ミニ

持病をお持ちの方のための、さらに少額の生命保険(死亡保険金一定プラン)

一口10万円からの生命保険。
万が一の死亡に保障します!

糖尿病保険フラット

持病をお持ちの方のための生命保険
(保険料一定プラン)

ずっと変わらない保険料で、万が一の死亡を最高300万円まで保障します!


会社ロゴ


糖尿病は治る?治らない?

2017.06.19 月曜日

悩み

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病の2つのタイプがあります。
どちらのタイプの糖尿病も「完治」することは難しいといわれています。

・1型糖尿病
インスリンを作り出す膵臓のβ細胞が何らかの原因で破壊され、インスリンが分泌されなくなってしまったことによります。
完治する可能性はないため、継続的なインスリン治療が必須です。

・2型糖尿病
インスリンの分泌量が少なくなったり、分泌されてもうまく取り込なくなってしまったことによります。
体質や遺伝、生活習慣など様々な原因により発症します。
日本人の場合95%以上がこの2型糖尿病と言われています。
早期発見により食事療法や運動療法の治療を開始できれば、薬物治療なしに症状が改善する可能性も望めます。


生活習慣の改善

2型糖尿病の場合は食事療法や運動療法などに取り組み生活習慣を改善できれば、経口薬やインスリン治療なしに生活することができる可能性があります。

しかし、この場合でも「完治した」とは言えず、「治療を続ければ普通の生活ができるようになった」状態です。
食事療法や運動療法を生涯にわたって継続していく必要がありますし、経過観察のための定期通院をすることも必要です。


血糖コントロールで普通の生活を

糖尿病は完治が見込めない病気だからこそ適切な治療を継続する必要があります。

1型・2型のタイプやインスリン治療の有無に関わらず、糖尿病治療の第一目標は血糖をコントロールし合併症を避けることです。
血糖さえ上手くコントロールできていれば、
糖尿病であっても健康な人達と変わらない生活を送ることができます。


しかし、血糖値の管理を怠ると知らない間に合併症が進行してしまいます。
合併症は生活の質を低下させるだけでなく命にも関わってくる危険なものです。

血糖値の管理さえ出来ていれば糖尿病の合併症が起こる可能性は低いです。
だからこそ油断せずに日々の血糖をコントロールし、普通の人と同じ生活を送れるようにしましょう。


将来は完治するかもしれない

現在では完治の可能性が見込めない糖尿病ですが、
将来医療が発展すれば完治が見込める新たな治療法が確立されるかもしれません。

HbA1cの基準値とリスク

2017.06.15 木曜日

■HbA1cとは?


7ロゴ
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)とは赤血球中のヘモグロビンと糖がどの程度結合しているかを示す値です。

血糖値がその日その時点での血液中の糖の状態を表しているのに対して、HbA1cは直近1~2ヵ月間の血糖のコントロール状態を表すことができます。
そのため、検査日の直前だけ食事制限や運動をして血糖値を正常値に抑えてもHbA1cは下がりません。HbA1cには日々の血糖値の値が正確に・平均的に反映されます。

■HbA1の基準値は?

日本糖尿病学会発表の糖尿病診断基準では、

糖尿病型
●血糖値:
  • 空腹時血糖値126㎎/dl以上、
  • 随時血糖値200㎎/dl 以上、
  • OGTT2時間値200㎎/dl 以上、
●HbA1c: HbA1c 6.5%以上

のうち、原則として、
血糖値の3つのうち、いずれかに該当し、 かつ、HbA1c 6.5%以上
の場合に糖尿病と診断されます。

糖尿病と診断された場合には糖尿病は完治するのは難しいといわれています。
また、血糖コントロールを適切に行わないと糖尿病に起因する疾病が生じます。

■合併症のリスクを避けるには?

国際標準値では
・優 HbA1c 6.2% 未満
・良 HbA1c 6.2~6.9% 未満
・可 HbA1c 6.9~8.4 未満
・不可 8.4以上
となっています。

8.4以上の場合は合併症の進むリスクが非常に高くなると言われています。
合併症を避けるためにも8.4以上の方は早期の治療・生活スタイルの変更が必要と考えられます。

7~8.3%の方も、「不可」の方ほどではないですが合併症のリスクが考えられます。
なるべく早く6%代にする努力が必要です。

6%代の方が合併症の進むリスクは小さいと考えられています。
しかし、全くないとは言い切れません。
そのため7%以上にならないよう注意することと、5%代を目指す努力が求められます。

a1c表

糖尿病と合併症について【糖尿病腎症】

2017.06.06 火曜日

透析画像


「糖尿病腎症」は「糖尿病網膜症」・「糖尿病神経障害」と並ぶ糖尿病3大合併症の一つです。
2型糖尿病患者の42%が腎症を発症しているという調査結果(※)もあります。
2011年の日本透析医学会の調査によると日本の透析患者の原因の第1位となっており、
患者のQOLや医療費負担の面から大きな課題となっています。

※厚生労働省 糖尿病性腎症重症化予防プログラムに関する説明会より

なぜ糖尿病腎症になるのか?
腎臓は糸球体とよばれる細小血管塊が集まった組織であり、血液をろ過することで血液中の老廃物や余分な水分を尿として排出している臓器です。

血糖値の高い状態が長期間続くと動脈硬化が進行し、糸球体の中でも細かい血管からダメージを負っていき、老廃物をろ過することができなくなっていくとされています。
しかし根本的な原因はまだはっきりしていません。

糖尿病性腎症は自覚症状のないままジワジワと進行していきます。
通常の健康診断で腎臓の検査は、尿検査でタンパク質(アルブミン)を、血液検査で血清クレアチニンを調べるのが一般的であるが、糖尿病腎症を早期発見するためには半年~1年に1回は微量アルブミン検査をうける必要がります。

・第1期~第2期
尿に微量のタンパク質(微量アルブミン)が漏れでる。この段階で適切な治療により厳格な血糖コントロールをすれば、糖尿病腎症の進行を食い止めることが可能と言われています。

・第3期
腎機能の低下が進み、より多くのタンパク質が尿に含まれてくる。この段階までくると血圧も上昇するようになり、高血圧で血管が傷つけられて腎臓がダメージを受けるという悪循環に陥ってしまう。

第3期以降では症状を遅らせることはできても良い状態まで戻すことは難しいため、2期までに症状を見つけることが重要であると言われています。

腎症検査画像
         厚生労働省 糖尿病性腎症重症化予防プログラムより


糖尿病腎症を避けるためには

定期的な検査
第1期・第2期の糖尿病腎症は自覚症状がない為、尿検査をしなければ判断できません。
3期以降になると症状を遅らせることはできても、元に戻すことは難しい為、2期までに症状を発見することが重要です。

もし腎症発症してしまっても初期段階で進行を食い止められるように、
糖尿病の方は自覚症状がなくても少なくとも年に一度は尿検査を受けるように心掛けましょう。

血糖コントロール
糖尿病腎症の最大の原因は高血糖です。
良好な血糖コントロールを保つことが腎症の予防に役立ちます。

くまもと宣言
血圧コントロール
血圧を正常値に保つことで糖尿病腎症の進展抑制に役立つと言われています。
一般社団法人日本透析学会による目標値は、初期は130/80mmHg以下、症状が進み蛋白尿が出ている場合は、125/75mmHg未満が目標となります。

生活習慣の改善
塩分・脂肪分の摂取を減らしたり、禁煙、減量、運動不足解消なども糖尿病腎症の発症を抑えるのには有効だと考えられています。

全国腎臓病協議会によると病期ごとの有効な治療法は以下の通りです
 
病期 有効な治療法
 第1期(腎症前期)  血糖コントロール
 第2期(早期腎症期)  厳格な血糖コントロール、降圧治療
 第3期(顕性腎症期)  厳格な血糖コントロール、降圧治療、タンパク質制限
 第4期(腎不全期)  降圧治療、低タンパク食、透析療法導入
 第5期(透析療法期)  透析療法、腎移植

糖尿病と合併症について【糖尿病神経障害】

2017.06.05 月曜日

足画像

「糖尿病神経障害」は「糖尿病腎症」・「糖尿病網膜症」と並ぶ糖尿病3大合併症の一つです。

3大合併症の中でも最も多いのが神経障害と言われています。
代表的な症状は手足等のしびれですが、感覚の麻痺・立ちくらみ・発汗異常・壊疽・勃起障害など日常生活に支障をきたすさまざまな症状が現れます。
糖尿病になって10年ほど経過した患者さんの半数近くは神経障害を伴うという日本糖尿病対策推進会議のデータ(2006~2007)もあるため、発症させないように注意が必要です。

なぜ糖尿病神経障害になるのか?
私たちの身体には脳・脊髄からなる中枢神経と、中枢神経から枝分かれして身体の隅々まで張り巡らされた末梢神経があります。末梢神経は中枢神経よりも細かいつくりのため、糖尿病の合併症で侵されやすいと考えられています。

糖尿病で血糖のコントロールを乱し、高血糖状態が長引くと体内に余分なブドウ糖が多い状態が続きます。そのせいで細胞の活動メカニズムに狂いが生じ、ソルビトールという物質を神経細胞に蓄積させてしまいます。これが糖尿病神経障害の原因と考えられています。
また、糖尿病の他に高血圧や脂質異常といった生活習慣病がある場合や、喫煙や飲酒によっても神経障害を発症する可能性は高まります。
(日本糖尿病学会 糖尿病診療ガイドライン2016より)

神経障害が進行すると感覚が鈍化するために、傷ができても気づかずに治療が遅れてしまいがちです。加えて、糖尿病患者の方は感染症にかかりやすく傷が治りにくいという問題もある為、小さな傷から感染を起こし、壊疽を起こして足を切断せざるを得なくなるケースもあります。

糖尿病神経障害を避けるためには

血糖コントロール
糖尿病神経障害は比較的早い時期から発症が見られる合併症です。発症を避ける・悪化させないためには血糖コントロールが重要です。
食事・運動療法に加えて、血糖を下げる薬物療法やインスリン治療などで血糖値やHbA1cを基準値内に保つようにしましょう。
運動は血糖値の改善のみならず、血流増加を促すことから神経障害予防の効果が見込めるとも言われています。

くまもと宣言
早期発見・治療
糖尿病による神経障害は自然に治ることはありませんが、初期状態から適切な治療を行えば症状の悪化を遅らせることが可能です。「痛みが軽いから」とか「ときどき痺れるだけだから」と放置しておくと、症状はどんどん進行してしまいます。少しでも異常を感じたらすぐに医師に相談することをおすすめします。

また、入浴時や靴下を履くときなど日常の中で自分の足の裏や間をよく見て確認する習慣をつけましょう。赤くなっていたり腫れていたり何らかの症状があれば要注意です。壊疽はそこから始まることが多いと言われています。


定期的な受診と血糖コントロールにより神経障害を予防、発症しても早期で食い止めるようにしましょう。

糖尿病保険についての想い

2015.12.24 木曜日

糖尿病は、自覚症状がなく、他方、完治が困難と言われている疾病です。
合併症では網膜症による失明者が年間3,000人、腎症による透析治療移行者が12,000人、神経障害・動脈硬化で足・指切断者が10,000人、心筋梗塞・脳卒中等で亡くなる方は糖尿病に罹っていない方に比べ、3倍ものリスクをかかえている状況にあります。

これほどリスクが高い糖尿病に対し、保険市場では医療・死亡ともに十分な保障がないのが実情でした。

当社では、糖尿病にかかっている方々の高い治療費負担(月 6,000円、合併症であれば月 9,000円)を考慮し、経済的負担感の少ない保険料で「糖尿病および糖尿病に起因した疾病」を重点的に保障する糖尿病有病者向け「医療保険」・「定期保険」の保険を提供し、少しでも糖尿病の方のお役にたちたいと思っております。

医療保険には、「充実プラン」「シンプルプラン」の2種類がございます。

糖尿病保険【シンプルプラン】
「1型糖尿病・2型糖尿病、妊娠糖尿病でも加入いただける保険。0歳3ヵ月から満89歳の方まで加入いただけます。
通院保障がついていない分、保険料がお手頃です。お財布にやさしい保険!
妊娠中でも加入いただけます。」

(保障内容 詳しくはこちらへ
・1日目から5,000円(日帰り入院OK)、1入院60日限度です。
・入院中の手術給付金 50,000円(60日で1回、ただし、同一部位または同一種類の病気の手術は1保険期間で1回)
・歯周組織の再生・インプラント手術 25,000円×2回(健康保険適用外の歯周組織の組織再生やインプラントの手術をいい、120日で1回です。)


糖尿病保険プラス【充実プラン】
「1型糖尿病・2型糖尿病、妊娠糖尿病でも加入いただける保険。糖尿病や歯周病の 入院・手術・通院もしっかり保障!
妊娠中でも加入いただけます。0歳3ヵ月から満89歳の方まで加入いただけます。」

(保障内容 詳しくはこちらへ
・1日目から5,000円(日帰り入院OK)、1入院60日限度です。
・入院中の手術給付金 50,000円(60日で1回、ただし、同一部位または同一種類の病気の手術は1保険期間で1回)
・歯周組織の再生・インプラント手術 25,000円×2回(健康保険適用外の歯周組織の組織再生やインプラントの手術をいい、120日で1回です。)
・糖尿病治療の通院の場合 2,000円×10日(糖尿病の診断、インスリンポンプ取替、新たな合併症の治療につき、1保険期間の通院です。)


糖尿病保険ライフ【死亡保険金 100万円プラン/200万円プラン/300万円プラン】
「1型糖尿病・2型糖尿病、妊娠糖尿病でも加入いただける保険。6歳から89歳の方まで加入いただけます。
死亡保険金が3つのプランから選べます!」
・資料請求は
こちらへお申込みください。
糖尿病保険|エクセルエイド

糖尿病に起因する疾病とはどのような病気ですか?

2010.04.28 水曜日

糖尿病に起因する疾病とは、次の糖尿病の慢性合併症などをいいます。

  • 1)
    糖尿病に特異な合併症:細小血管症
    (1)糖尿病網膜症
    (2)糖尿病腎症
    (3)糖尿病神経障害(末梢神経障害・自律神経障害)
    (4)糖尿病足病変(下肢潰瘍・壊疽)
    などあります。
    注)糖尿病の三大合併症と言われている失明・透析・壊疽(えそ)は、糖尿病による後天的失明者は年間3,800人、 透析移行者は年間14,000人、壊疽は年間10,000人といわれています。

  • 2)
    糖尿病に罹患することでリスクが高くなる合併症:大血管症(動脈硬化性疾患)
    (1)冠動脈疾患(虚血性心疾患:狭心症・心筋梗塞)
    (2)脳血管障害(脳卒中:脳梗塞・脳出血)
    (3)下肢閉塞性動脈硬化症
    などあります。
  • 3)
    その他合併症:
    (1)白内障
    (2)アルツハイマー型認知症
    (3)歯周病などあります



よくあるご質問
ご不明な点、ご質問等ございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。 0120-307-133 平日10時から17時まで 土日祝日年末年始除く WEBフォーム
お申し込みは、インターネットだけで完結! カンタンな告知をご入力いただくだけ。 ご契約の流れ
[ご意見・苦情等のお申し出について]
当会社の商品・サービス等に関するご意見・苦情等のお申し出に際しましては、当会社下記のお客様相談室もご利用いただけます。

<ご意見・苦情等の受付電話番号>


なお、当会社加入協会の「少額短期ほけん相談室」をご利用いただくこともできます。
<当会社加入協会>
一般社団法人日本少額短期保険協会
「少額短期ほけん相談室」
電話(フリーダイヤル):0120-82-1144
FAX:03-3297-0755
受付時間:9:00~12:00、13:00~17:00
受付日:月曜日から金曜日(祝日および年末年始休業期間を除く)
ページの先頭へ戻る